2017.05.08

朝を待っている訳ではない。エモい夜を過ごした訳ではない。機械的に何かを処理した訳でもない。

けど、文章を書いている。文章ではない。

とりあえず、お風呂に入ろう。

湯船に浸かりながら、身体に触れる。カサカサしている。

湯冷めしないうちに、髪を結ぶ。襟足だけダランと垂れ下がっている。

歯磨きをしながら、中国語で昨日の出来事をまとめてみる。

一通りまとまってから、うがいをする。

携帯を開く。youtubeで日本語ラップを聞く。ラッパー達に比べて、ジブンの日本語は下手だな、と思う。

amebaで見た昨日のボクシングは強烈であった。と思ったけど、よく考えたらあれもテレビの演出であった。

 

道端に“捨てられた”全裸の女性を抱いてみる。

抱いてみるだけ。

 

携帯の充電がなくなってから、米5kgと水を買いに行った。

家に帰る途中、大雨が降ってきた。家に帰ってテレビを付けると、「今夜は晴れるでしょう」と言っていた。雨のことは誰も言っていなかった。濡れているのは僕だけだった。濡れた髪が傷み始めた。それでも僕はボーッと、泊まり明けの多く敷かれた布団を横断して寝転び、濡らした。

天井を見上げながら、4月のことを思い返してみた。数人の顔が思い浮かぶ。

一番多く過ごしたはずの河川敷の風景はあまり入ってこなかった。

そのまま目を瞑っていたら5月になった。また「X月になった」を繰り返す。

捻くれてみる。

「X月にならなかった」を見たい。

テポドン如きじゃあ「X月にならない」ことはない。

『明日』を考え始めてから数え切れない程の時間が経った。

X月になった。

でも、

これからも『明日』は

“数え切れない程”

が数えられるようになるまでやってくる。

 

728

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です